スキスポ

渡辺潤一選手 金メダル持ってNACK5生出演 打ち合わせ風景



2015年8月29日埼玉県大宮駅にあるFMラジオNACK5
SPO-NOWにサイパラというコーナーに生出演しました!
話は盛り上がり、当初15分の予定が、30分まで伸びました。
ディレクターさんとの打ち合わせ風景です。

1走・石黒文康
41歳で100m自己ベスト11秒14を出した男

2走・譜久里武
日本人初の40代100m10秒台男
前回大会100m銀メダル

3走・渡辺潤一
今大会200m銀メダル

4走・武井壮
全大会銅メダル


渡辺潤一選手
カール・ルイスのロス五輪4冠に涙し中学で陸上始める。インターハイ、国体、インカレ、日本選手権などの全国大会で数多くの入賞を経験し実業団でも活動するが24歳の時、陸上部が廃部!会社も同時に辞めそこから就職活動するものの、陸上との両立出来る環境が見つからず25歳で陸上引退!気づいたらパチプロになっており荒稼ぎの日々。。だが陸上への未練もあり27歳の時、陸上復帰!更に陸上環境を良くする為、パチプロは辞め稼いだお金で35歳の時㈱ジェイを立ち上げ、インターネット事業を開始!
環境が整った36歳の時、100mで自己ベスト(10秒65)を更新!更にそこから100、200、400と走る種目殆どで現在も年齢別日本記録更新中!
そして40歳を超えた今、アジアマスターズ陸上で金メダルを取り、今度は世界一を目指し日々進化中!!
また年齢重ねても高いパフォーマンスを発揮出来る身体の使い方を伝え広めていく為、現在は整体サロンを経営したり、大学生や小中高生の陸上指導にも携わっている。

実業団時代
100m 10秒8
200m 21秒09
400m 47秒18

35歳以降
100m 10秒65
200m 21秒46
400m 48秒31


関連記事

  • 関連する記事は見当たりません。

コメントをするコメントをする


ボクサー 氏家福太郎 Officialブログ

カテゴリーカテゴリー